デスクワークは眠れなくなる

デスクワークが多いと疲れていても眠れなくなる

デスクワークが多いと疲れていても眠れなくなる

 

年齢を重ねると体力が落ちるのでデスクワークを希望する人も多いはず。

 

私もそうです。

 

立ち仕事だと20代の時はいいのですが、30代後半にもなると体が
もたなくなってきます。

 

特に冬場の底冷えはとても辛いです。

 

とはいってもデスクワークが多いと眼精疲労、肩こり、運動不足で
いらいらすることが増えてきます。

 

体が疲れずに神経疲ればかりなので夜眠りが浅くなってしまいます。

 

寝付きも悪く、早朝にちょっとしたことで目が覚めやすくなります。

 

熟睡できないので昼からは猛烈な眠気に襲われてしまいます。

 

そこで風呂あがりにマッサージをしたり、寝る前にハーブティーを飲んだり、
アロマオイルを使ってみたりといろいろと対策を練ってはいるのですが
いまいちこれといった効果が出ないのです。

 

散歩したりしても特に効果がないのですね。

 

あまり睡眠のことにこだわりすぎるのもいけないみたいで、
今夜も眠れなかったりしたらどうしようという恐怖感をいだくと
ますます不眠がひどくなるようです。

 

そんな悩みを持っている時は
グッスミン酵母のちからを試してみるのも
良いかもしれません。

 

横になったらすぐに寝れること

 

主人の仕事が不規則なので朝4時に起こしたり5時から
ずっと起きていたりすることがあります。

 

普段の日は5時半に起きて行動しています。

 

時間がバラバラなのでそれに体がついていけなくなり、
昼寝がかかせません。

 

パートをしているのですが仕事から帰ってきて
15分ぐらいつもしています。

 

それが出来ない時には夜ご飯を食べたら眠くなって
15分以上ということもあります。

 

生活リズムが崩れているというのか朝、起きる時間が
バラバラなのも一つの原因かもしれません。

 

パートが休みの時には横になったらすぐに寝れちゃいます。

 

寝すぎでははないかというぐらい寝てしまうので
注意しないといけません。

 

寝る時間をもっと早くしれば良いのかもしれないですが
何かとやることがあるのでそうもいきません。

 

きっと質の良い睡眠がとれていないのかもしれません。

 

朝目覚まし時計を使わないでゆっくり自然に目が
覚めるまで寝ていたいことがあります。

 

でも休みがバラバラなのでそれが出来ません。